春陽展は日本美術史に多くの足跡を残し、新たな画家・版画家を輩出している公募展です。

第96回春陽展 名古屋展レポート

第96回春陽展 名古屋展の様子

第96回春陽展名古屋展

会期    令和元年5月21日(火)~5月26日(日)

会場    愛知県美術館ギャラリー(愛知県文化センター8階 A室~I室)

共催    中日新聞社・東海テレビ放送・東海ラジオ放送

 

総展示点数  342名 342点   絵画:254名 254点(遺作を含む)  版画:88名 88点 

[中部会員53名 会友・一般92名(愛知、岐阜、三重)]

 

会場批評会 5月25日(土) 午後1時~3時

中部研究会により、「会場批評会」が行われ、中部地区在住の会員と中部以外 絵画部では藤沼多聞氏、西野雅子氏、高田三穂子氏 版画部では鈴木誠一氏、竹内美穂子氏、また、浜松から鈴木雅弘氏がおいでになり講師として参加されました。

 

画談会 5月25日(土) 午後4時15分~5時45分 東京第一ホテル錦 11階アンピオ

講演者には、絵画部会員 沓間 宏氏をお迎えし、「表現の変遷とその背景を語る」と題して講演して頂きました。

準備した100席がすべて埋まるほどの参加があり好評でした。

 

ギャラリーツアー  展覧会場にて

一般観覧者と出品者を対象としたギャラリーツアーを開催しました。展覧会初日(5月21日)の午前の部に東 直樹氏、今尾啓吾氏、午後の部に平井 誠一氏、長田文実香氏の2回に分けて、作家の個性と精神性を重視する春陽会の絵画について、一時間ほど会場内を解説しながら巡回し、参加者からの質問に答えました。65人の参加者があり、大変好評でした。

 

名古屋展情報ページへもどる

春陽会事務所 TEL 03-6380-9145 〒102-0085 千代田区六番町1番町一番館

月別お知らせ一覧

春陽会事務所通信

現在、第93回春陽展の一般出品エントリーを
HP上で受け付けております。
この機会に是非ご出品をお待ち致しております。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 春陽会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.