春陽展は日本美術史に多くの足跡を残し、新たな画家・版画家を輩出している公募展です。

組織概要

  • HOME »
  • 組織概要

春陽会について

1922年(大正11年)院展洋画部の小杉放庵、森田恒友と草土社の岸田劉生、中川一政等に梅原龍三郎を加えたメンバーの合同によって誕生した春陽会は現在絵画部・版画部の会員・会友を合わせて600名を超える団体となっており、2013年に第90回展を開催しました。さらに第100回展に向けて活動を続けています。

日本の風土と伝統に根ざした個性尊重の『各人主義』に基づく創立以来の理念は確実に受け継がれながら、岡鹿之助、中谷泰等とそれに続く世代毎にそれぞれの節目、節目で新しい風を導入してきました。版画においても長谷川潔、駒井哲郎、清宮質文等が春陽会の潮流を作って来たことは言うまでもありません。

春陽会は、2007年から国立新美術館に移行し、さらに若い感性と平面の絵画性を発揮できる広い舞台を用意して、共に新しい美術の時代を担う仲間を求めて行きます。

春陽会は更なる美術の発展と文化への貢献を目指して行きます。

 

 The “Syunyo-kai”(the Syunyo-kai Art Society), which currently has a membership of more than 600 painters and printmakers. It was established in 1922 by Hoan Kosugi and Tsunetomo Morita of the Nihon Bijitsuin, the Sodosha Group’s Ryusei Kishida and Kazumasa Nakagawa, and Ryuzaburo Unmehara.
 
We are proud to have held the 94th exhibition this year. From the beginning, our goal has been to promote “individualism” within the context and tradition of Japan. Over its long history, the Syunyo-kai has welcomed new, such as those qinspired by painters, Shikanosuke Oka and Tai Nakatani. Furthermore printmakers such as Kiyoshi, Naobumi Seimiya and others have also contributed to the enhancement of the goals of our society.
 
In 2007, the Syunyo-kai has moved its annual exhibition to a newly built museum, the NationalArtCenter, Tokyo, and aims to provide opportunities for young talented artists in order to realize a new age of art and make a meaningful contribution to culture.

春陽会事務所 TEL 03-6380-9145 〒102-0085 千代田区六番町1番町一番館

月別お知らせ一覧

春陽会事務所通信

現在、第93回春陽展の一般出品エントリーを
HP上で受け付けております。
この機会に是非ご出品をお待ち致しております。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 春陽会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.