春陽展は日本美術史に多くの足跡を残し、新たな画家・版画家を輩出している公募展です。

春陽会の歴史

  • HOME »
  • 春陽会の歴史

1922(大正11)年、春陽会は、日本美術院を離れた小杉放庵、足立源一郎、倉田白羊、長谷川昇、森田恒友、山本 鼎に梅原龍三郎を加えた7名で創立されました。また、この時に石井鶴三、今関啓司、岸田劉生、木村壮八、中川一政、萬鉄五郎等が客員として参加しています。

1923(大正12)年には早くも第一回展が上野竹之台陳列場で開催されています。やがて岸田劉生、梅原龍三郎等は会を去りましたが、会場も東京府美術館(現東京都美術館)へと変わり、次第に「優雅で文人画風」と評される春陽会の作風も定着して行きました。

1928(昭和3)年には、長谷川潔の入会を得て「版画室」が新設され、また、昭和10年代には岡 鹿之助、三雲祥之助、高田力蔵等、欧州からの帰朝者を新たに迎え、清新にして典雅な雰囲気がもたらされたのも特筆すべき出来事でした。

戦時中は一時の中断を余儀なくされましたが、1947(昭和22)年より公募展として復活。版画の駒井哲郎をはじめ多くのすぐれた作家を集め、「絵画」「版画」ふたつの部を持つ有力な美術団体として今日にいたっています。

また、若い世代を中心に、新たな造形意識に立った作品が多く見られるようになったのも、春陽会の近来の動向として注目されています。

 

 

春陽会事務所 TEL 03-6380-9145 〒102-0085 千代田区六番町1番町一番館

月別お知らせ一覧

春陽会事務所通信

現在、第93回春陽展の一般出品エントリーを
HP上で受け付けております。
この機会に是非ご出品をお待ち致しております。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 春陽会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.